So-net無料ブログ作成

台湾旅行(2) [旅行]

二日目
 8時40分にガイドさんがロビーに迎えにくるので7時起床、ホテルの朝食バイキング。和洋中取り揃えてまあまあ、美味しい。
8時40分にガイドの餘さん到着。市内のホテルを何軒か回って日本人観光客を拾う。
 手始めに忠烈祠(チュウレツシ)で衛兵の交代を見学。ここは戦没者を祀ってあるそうなのだが、ガイド氏が日本の靖国神社と同じというのにはちょっと苦笑。ここには戦犯は祀ってないよな。    
 お次ぎは故宮博物館。中国本土にも同じ名前の博物館があるけど、台湾のそれの方が立派だ、という人もあり、かなり期待していったのだけど、思ったより規模が小さく、書には興味がないし、結局超絶技法の象牙細工(いつぞや東京で見た)に改めて感じ入ったくらいか。でもミュージアムショップでTシャツやら万華鏡、トランプ、果てはマウスパッドなどご購入。
 その後民芸品店に連れて行かれてショッピングをしろとのガイド氏のお薦めをかわし、いよいよお待ちかねの昼食。お店は「鼎泰豊」なんでも世界で最も有名な中華料理店だそうな。いや美味い。特に小籠包は絶品。次男はこれで今回の旅行の目的の大半が達せられたそうである。

 まだまだ行くぞ。国父記念館(確か孫文を祀ってあった)をちょっと冷やかし、世界一の高さを誇る101タワーをバックに写真を何枚かパチリ。その後その101タワーに登るのだけれど、エレベーターがとにかく高速。89階まで行けるんだけど、なんと1分未満。加速・減速・加圧・減圧すべてが綺麗に調整されているため耳が痛くなったりしない。これなら“地球に落ちてきた男”でも大丈夫。

 本日のノルマはまだまだ終わらない。車中台湾土産についてのレクチャー、お茶はもちろん、翡翠とかの石がおすすめだそう。今日もお茶セミナーと称して免税店でお茶の入れ方やらデモを見せてもらって、これ買え攻撃。もちろん何も買わない。土産物屋を一回りしたら早々に辞去して 勝手に店の周りをふらふらする我々。だって石の前に座らされて何人がかりかでセールスだもの。アー○ヴァンか、ここは。
 次は行天宮という商売繁盛の神様にお参りする。ここは前夜見学した龍山寺と似たような造り。ガイド氏、昨夜参拝者が熱心にやっていたバナナ型の木片による占いのやり方を説明してくれるが、当方全く無信心のため聞き流す。子供たちは熱心に聞き入って実際に楽しんでいたようだが。
 さてやっと夕ご飯、台湾家庭料理の「丸林」いわゆる中華料理が大量に出る。ここの料理もなかなか美味しいのだが、何せ量が多い。たまたま一緒だった人たちほとんどが女性だったせいもあって、このままでは大量に残してしまう。でも、あります、我が家の最終兵器。長男S。最初は遠慮していたみたいだけど、本当に皆がお腹いっぱいで残飯が出ると判ると、食べる食べる。あきれた。
 まだまだ夜は長い。本日の最後は台北最大のナイトマーケット士林夜市へ。

ここは面白い。屋台の食べ物や胡散臭い物いろいろ。台湾は自宅で夕食を食べるということがないんだろうか、老いも若きも自宅のように普通に夕飯を食べている。意外とゲテモノが多くなくちょっとがっかり

とにかく巨大で怪しげな夜市。もうちょっと楽しみたいけど、本日は集団行動。帰路につく。車中例のガイド氏、マッサージはどうかと営業開始。一人1,500元だと。ってことは5,000円以上だよ、おい。いくらなんでもそんなお金出せないよ。ということで、ガイド氏を振り切り明日の集合時間を確認して二日目解散。
 ところがワタシ、マッサージは期待していたので、ホテルについてからフロントにマッサージを打診。すると900元とのこと。では、ということで奥さんと二人マッサージをうけることに。実はこのマッサージがかなり痛くてまいった。まあバリの件もあり、明日にはむふふ、ワシの痛い背中ともオサラバなのよ、と期待して就寝したのだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。