So-net無料ブログ作成
検索選択

練馬文化センターで談志を聴く。

ここ数年練馬文化センターに談志が来ている。なんでも練馬に(も)家があるとかいう関係らしい。一門会といっても志の輔とか志らくといった売れっ子が出る訳ではなく、さりとて前座二つ目を売り込もうというほどのモノでもない微妙な人選。談笑は昨年に続きいい感じで笑わせ(ちょっと差別ネタ)、談春につなぐ。談春は珍しく談志師匠がもう到着していることをお客に知らせてウケをとる。談志は来ても来なくてもウケるのだ。こちらとしてはスリルがなくてちょっと残念。

 中入りがあって会場はいつの間にか満席、でいよいよ談志。の筈なんだけど出ばやし(烏賊刈だっけ?)が異様に長い。もしや来ないのでは?と不安というか期待がよぎる頃、やっと師匠登場。いつものようにめくりを確認するように途中で立ち止まり、万雷の拍手の中、着座。例によって時事問題をふりながら話をうろうろ。

 2階席からの鑑賞だったのでスコープ持参だったんだけど、あ〜談志師匠、ちっちゃくなっちゃたな〜という印象。声が出ないことをしきりに気にしている。ちょっとバレ小話をいくつかして、いきなり今日は「源平盛衰記」をやるとの宣言に会場はどよめく。入場の時には演目は表示してなかったと思う。
 「源平〜」といえば故林家三平のくすぐり満載のそれが有名なんだけど談志師匠の「源平〜」もCD集に収められているくらい得意にしているネタ。ここで談志師匠、吉川英治の原作をもとに一晩で考えたと言ってたけど、そうだったの?
 まあ、とにかく沢山武将が出てきて談志師匠も途中で訳が分からない、とこぼしていたけど、やはり昔相当にやり込んだんだろう、頭ではなく口が覚えているという感じ。若くて脂がのっている時の「源平盛衰記」もいいけど、ろれつが回らなくてもいいのだ。今の師匠の噺が聞けるという幸せ。満員のファンは満足した小一時間だったんじゃなかろうか。
 
 そうそう、有楽町線で練馬まで行ったんだけど、途中ずっと野末陳平さんと一緒でちょっとお話ししたりしてました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。