So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

C4車検 [クルマ]

C4がウチに来て2回目の車検を迎えることになりました。前回は無職だった次男にバイト代払って通してもらったけど今回は自分でやってみようと思ったのです。
まずは下調べ、検査は平日のみで予約が必要なようだけど2週間先までしか予約できなくて、ほぼ予約が埋まっています。電話も平日9時5時しか繋がらなくWEBには電話番号は出てるけど音声ガイダンスのみという徹底ぶり。うーん。
一応シミュレーションするけど、まあいいやてんでろくろく準備もせず当日を迎えることに。

当日は「自動車税納付証明」があるのを確認して、そうだ車台番号確認が厄介なんだ、と出発前に気づき車台番号を探すも見つからない。C4の車台番号はエンジンルーム内右ストラットタワーのあたりにあるらしいんだが全くわからない。
IMG_1603.jpgなお遮音材を外す必要があるんだけど、とめてある鋲が曲者で二段階で外さなければならない。爪が痛い。P1010377.jpgP1010374.jpgディーラーやら修理工場やら電話をかけまくって、なんとなくあの辺というモヤモヤしたところで時間切れ。P1010367.jpgちょっとまずいぞ。
「教訓1:検査は月曜日がいい」日曜日にゆっくり準備ができるからね。
さて自動車検査登録所(陸運局って言わないんだ)に着いて、「初めてなんです」って素人臭さ満載で係りの人に申し出ると敵も慣れたもんで丁寧に教えてくれます。オドメーターを確認していなかったのと自賠責保険を購入していなかったのでちょっと手間取りました。ちなみに自賠責は大概近くに売っているところがあります。
「教訓2:自賠責保険は更新しておく、オドメーターはメモしておく」
気をとりなおして印紙買ったり書類に書き込んだりして書類が出来上がるといよいよ検査。一応見学者コースで何をするか見ておいてねと言われたので検査場を見学。なんか簡単そう。
で、指示されたコースに並んでいるうちに係りの人がやってきて書類を見ながらもう検査が始まります。最初の難関、車台番号の確認。えーとこの辺なんですが、とかなんとか言いながら、確認できず検査中止になったらどうしようとか焦ります。ところが検査の人さすがプロ、2011から2015年に1005台しか売れていないC4の車台番号がどこに打ってあるかご存知なのです。「あー汚れてますねぇ、ちょっと拭くものとってきますから」とウェスで汚れを拭き取ると出てきました車台番号。あーよかった。ちなみに事前に得た情報通りストラットタワー直前に打刻してありました。P1010372.jpg
「教訓3:相手はプロなのでなんとかなる(教訓じゃないか)」
そのあとは検査場に入り係りの人が優しく丁寧に指示してくれるので全く問題無し。ステアリングのガタを見るという検査で下から揺すられるのはちょっと怖かったけど。
と、検査所入構から退出まで1時間とかからず掛かった費用は次の通り
自賠責保険料:27,840円
OCR専用3号代(検査受験票みたいなもの):20円
検査登録印紙代:400円
審査証紙代:1,400円
重量税印紙代:24,600円
の計54,260円でした。
車検代行屋さんに頼んでもいろいろな理由つけてこれに1万5千円から2万円くらい上乗せされると思います。特に腹立たしいのは下回り洗浄料、別に街の中走っているだけで洗浄しなくちゃいけないほど汚れるとは思わないし、そもそも洗浄してるかさえ怪しい。忙しい自分に代わってやってくれるんだからしょうがないかと思ってましたが、ほんの1時間ですよ1時間。2年に一度しかないチャンス、経験しない手はありませんぜ。自分で車検を通したことでなんかC4がまた少し好きになったし。
ただ、注意しなくてはいけないのは検査はしたけど点検整備はしていないことです。車検証には「点検整備記録簿記載なし」としっかり書かれてしまいました。安全のためにも近々点検しなくたはいけませんね。

エヴァンゲリヲン新劇場版:破 [映画]

ということで公開2日目に観てきた。
1作目はTV版を引きずってか、画面が大きいだけかなあ、てな感じだったけど、今作は新キャラが登場したり、ネットでは批判が出るだろうけど綾波も随分しゃべったりするなど新シーンを見せてくれてワクワクする作り。得意の望遠圧縮画面も臨場感たっぷりで戦闘シーンへの期待を盛り上げてくれる。これはヒットするんじゃなかろうか。早く次が観たいなあ。
R0016976.jpg
パンフは1,000円もするのに中身はお粗末。インタビュー1本とスチールの羅列。
さらにお笑いなのが、封印してあって、なおかつ袋とじがあるってどういうこと?
R0016978.jpg
コースターとマグネット買っちゃったけど(笑)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

西武線って… [ART]

R0016724.jpg
池袋から郊外に向かって走る西武線を使っている方にはおなじみの電車だけど。
何でも松本零士が沿線に住んでるとかで、こんなスペシャル塗装の電車だそうだ。丁度メーテルの髪の色と西武線の黄色を一緒に見立てたんだな。初めて見たときゃ吃驚したけど何度も乗ってるので新鮮味が薄れました。
ちなみに反対側はこんなです。
R0016558.jpg
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

結局またリコーのデジカメ [写真]

R0016924.jpg
また買っちゃったんだな、デジカメ>リコーCX1
プレス発表があった時から買うだろうとは思ってたけど、かなりお安くなったので。
今回の変更点は撮像素子がCCDからCMOSに変わったこと。これによる高速読み出しのおかげで、高速連写や高品質な動画が可能になった。中でも注目はダイナミックレンジダブルショット。これは露出を変えて2枚連写し、その後2枚の画像を合成することで明暗差の大きな被写体でも白トビ、黒ツブレのない画像が作れるそうだ。R0016936.jpgR0016937.jpg
画像が小さいのでわかりづらいけど上が合成写真で、下が通常撮影写真。カタログほど劇的じゃないけどワクワクする機能ではある。ちなみにこのCX1、電子水準器がついてるんだけど、これは思いのほか便利。

P6130024.jpg
で、なんのかんので現在リコーのデジカメはウチに3機あるんだな、これが。

デザインが好きです。 [写真]

R0016720.jpg
昔から気になっていたOMであります。巷ではPENの復活で何かと話題のオリンパスですが、この大きさでシステムカメラを目指した合理性、秀逸なデザイン、たまらないものがあります。
実は先日某所でズイコー21mm/f3.5が9,800円で売られているのを見つけ、思わず飛びついた訳です。どうせ傷があったりカビも覚悟しなきゃな、なんて思いながらね。ところが流石に美品とはいえないものの、ちょっと見は何ともなく、大変な掘り出し物でした。ただし、どう探しても21mmのフードは入手できません。とりあえずステップアップリングをかましてますけど。
で、オリンパスOMはOM-2、3.5/21、3.5/28、1.2/50、3.5/135となったところでひとまず完成ということにしました。えーと一番高かったのは1.2/50だったかな(でも2万円ちょいだったけど)

最近の掘り出し物 [写真]

R0016923.jpg
先日池袋のビックカメラで見つけました。一つが980円であとの2つが500円。何年か前に倒産したマイネッテという写真機材メーカーのほぼ新品かと。ちょうど品出ししている時に出くわして、思わず。いまさらポジフィルムなんて見ないからなのか、激安。拡大鏡代わりに使ってます。

ここ一年ハマっています。 [読んだ本]

R0016553.jpg
かれこれ一年以上、今野敏にハマっております。たまたま手に取ったのが「隠蔽捜査」で、警察官僚の描き方、主人公のキャラクターがいいなあ、なんて思っていたら、丁度文学賞かなにか受賞したそうで、その後は新刊・復刊出るわ出るわ。かれこれ一年以上読み続けておりますが、60冊くらいは読んだかな。

2009年東北の旅(6) [旅行]

 さて最終日3/25の予定は山寺、1000段ほどの階段を上りきる荒行です(笑)なんでまたこんな所に寺を造ったり、参詣しようとしたりするのか。いや、山の中腹というか岩そのものに仏を彫ったりするのはまあ、いいですよ。理解できんのはそれに沿って一般人のお墓があるんです。こりゃあお盆やその他仏事の度にこの急な階段を登らないとお墓参りできない訳です。いやはや。とかなんとかいいながら登りきりますと、山々に囲まれた里が一望できて、白土三平の漫画のような風景に出会えます。IMG_1793_2.jpg白土三平ネタなど振りながら名残惜しくも下山する我々でありました。翌日の筋肉痛をおそれつつ。下山してみると丁度雨が降り始めてまいりまして、いやあ危ない危ない。山形市内でラーメンを食べてさっさと東京に戻ってきた5泊6日の旅でありました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年東北の旅(5) [旅行]

 明くる日3/24天気は晴れ、心配していた雪や凍結も無く順調な滑り出しです。IMG_1600_2.jpgIMG_1598_2.jpgまずは三たび宮沢賢治を偲んで羅須地人館を訪ねた後、一関へ。一関といえばジャズ喫茶の聖地「ベイシー」です。昼前には一関に入ったんですが早すぎるんで市役所の食堂で(笑)昼食。向かいのBOOKOFFで時間をつぶしたり、酒屋のミュージアム(試飲したら美味しかったそうです、オクさん談)など見学しながら開店時間を待ちます。IMG_1631_2.jpg結局ベイシーは3時開店でした。IMG_1665.jpgコーヒー¥800で一時間ほど過ごして、最終宿泊地の上山温泉「古窯」へ。まあ立派なホテルであります。IMG_1740.jpg有名人の泊まりも多いらしく一面に本人の書いた絵皿が飾ってありまして、これを全部見るだけでけっこうな時間がかかります。へぇえ、こんな人が…ってね。部屋も贅沢でサービスも第一級。夕食も豪華でアワビのステーキなるものを初めて食べました。IMG_1681-2.jpg温泉にもたっぷりつかり最終イベントに備え就寝します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年東北の旅(4) [旅行]

 翌3/23は奥さんのおじさんを見舞った後青森インターから南下。次なる目的地は花巻。この際だからということで行ってみたのが花巻の宮沢賢治記念館。予想外に面白かったのが宮沢賢治童話村、ここは閉園時間まで粘ってしまいました。IMG_1465.jpgもちろんお約束の「注文の多い料理店」というレストランもあったけどとりあえずパス。

 花巻の泊まりは新鉛温泉「愛隣館」。ちょっとインターからは遠いところでクルマで1時間くらいかかったようなきがします。ホテルの際を河が流れていて露天風呂があるという高級温泉旅館お約束のロケーションであります。IMG_1574.jpg更に芸能ショーまでやっているというそろい過ぎのホテルでありました。また夕食が凄かった。部屋とは別の個室でもって和食のフルコース、白金豚のしゃぶしゃぶってかなり贅沢な気分。IMG_1536.jpgIMG_1534.jpgIMG_1529.jpgIMG_1527.jpg他にサイドメニューのバイキングがあるんだけど、流石に若い人じゃないと無理な量でした。それにしてもその夜雪が降ってきまして、無謀にもスタッドレスタイヤではない、その上チェーンも持参していないワタシ、少々焦ったのであります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。